よくある質問

タグ【脱臭】

剛腕は対象となる部屋を無人にして、短時間で脱臭、除菌をします。一方、エアフィーノは人に影響を与えない低濃度(0.03ppm程度)のオゾンを常時発生させて使用します。

短時間で高いを効果が得られるのは剛腕ですが、常に人が居る空間を常時ニオイの少ない状態に保ちたい場合はエアフィーノが適しています。

エアフィーノや爽やかイオンプラスのように常時オゾンを発生させる使用方法の場合、脱臭効果は持続します。一方、剛腕シリーズのように、短時間で脱臭する使い方の場合、一度脱臭しても新しいニオイが発生すると脱臭効果は持続しませんので、定期的に剛腕シリーズでの脱臭を行ってください。

可能です。多頭飼いされているお家でも多数ご利用頂いています。「空気清浄機では取れないニオイも脱臭できる」との評価を頂いています。

爽やかイオンプラスやエアフィーノなど、24時間常時使用するタイプの製品は室内のオゾン濃度が0.03ppm程度になるよう設計されています。この003ppmというオゾン濃度は屋外で自然界に存在する濃度と同じレベルですので、ペットが居る部屋でオゾンを使用しても問題はありません。

ホテル以外に、自動車、福祉施設などでもお使い頂いております。「剛腕」をお使いの場所ならどこで使用可能です。

カテゴリー: 3.剛腕アシスト

「剛腕アシスト」のスプレーは何を使って頂いても構いません。お客様の作業手順に合わせて、使いやすい物を選んで頂いて結構です。

カテゴリー: 3.剛腕アシスト

1平方メートルあたり8から10ccくらい、臭いが強い場合1平方メートルあたり16から20cc散布してください。散布量が少ないと脱臭効果が高まりません。

カテゴリー: 3.剛腕アシスト

「剛腕アシスト」に使われている光触媒は、酸化タングステン化合物を用いた物質です。一般の酸化チタンは紫外線(太陽光や紫外線ランプ)があたらないと効果しませんが、「剛腕アシスト」は可視光でも触媒として効果し、太陽光の入らない部屋でも、蛍光灯があれば使用できます。

カテゴリー: 3.剛腕アシスト

香水の成分には芳香族化合物が数多く使用されています。この芳香族化合物は環状の不飽和有機化合物で、オゾンとは反応しにくい物質であるため、オゾン脱臭器だけでは臭いが残ってしまうことがあります。

「剛腕アシスト」は芳香族化合物であるベンゼンを短時間で分解することが立証されていますので、ほとんど全ての香水の分解が可能と考えられます。

カテゴリー: 3.剛腕アシスト

剛腕アシストはオゾン脱臭器のご使用前に散布することで、オゾンの脱臭効果を飛躍的に高める
アシスト剤(補助剤)です。

オゾンが虫の餌や仲間のニオイを脱臭することで、ゴキブリなどの虫が寄り付か無くなる忌避効果はありますが、殺虫効果まではありません。

マイナスイオンもオゾンも高電圧の放電によって発生させるため、メカニズムはとても良く似ています。しかし、マイナスイオンは学術的にはっきりしておらず、マイナスイオン発生時には必ずオゾンもできるため、そのオゾンが効果を発揮しているとも言われています。また、マイナスイオン発生器で作られるオゾンは不安定で、環境によって発生量が激減することもあり、オゾン効果が安定しません。

マイナスイオンについて、学術研究者の方のホームページをご紹介しますので参考にしてください。

○トップページ:http://www.yasuienv.net/index.html

○トピックス別必読ページ:http://www.yasuienv.net/TopicsToRead.htm

オゾン脱臭後、窓を開けたり、部屋の換気扇を運転させれば5分程度で室内のオゾン濃度は下がります。この時、換気のためにごく短時間室内に入っても人体に影響はありませんが、できるだけオゾン濃度が高い間の入室は避け、オゾン脱臭機に搭載されているオゾン回収機能を使ってオゾン濃度を下げてから入室するようにしてください。

カテゴリー: 2.剛腕シリーズ

オゾンはニオイの元を分子レベルで分解します。タバコ、食べ物、体臭、香水などホテル客室で発生するニオイに対してはほぼ全般に脱臭効果があります。部屋の広さにも依りますが、10分から20分程度オゾンを発生させればよく短時間で作業できます。

カテゴリー: 2.剛腕シリーズ

剛腕を使用することで脱臭が可能です。但し、シートの奥深くまでニオイが染み付いている場合、オゾンはシートの内部までは浸透しないため、染み付いたニオイが強い場合、間隔を空けて何度かオゾン脱臭をしないと取れない場合があります。

剛腕の場合、脱臭ならば10~30分、除菌ならば4時間程度で効果があります。

カテゴリー: 2.剛腕シリーズ

有人条件での使用の場合は24時間運転し、徐々に脱臭を行います。環境によって異なりますが、おおよそ1日くらいで効果が感じられます。

オゾンは殆どのニオイを分解し脱臭することができます。例えば、ホテルや自動車内のタバコのニオイ、病院、老人ホームの病室、居室で発生しやすいニオイ、食品工場や飲食店のニオイなどの脱臭に利用されています。また、グリーストラップ改善システムならグリーストラップ内の臭気も分解できます。

剛腕での脱臭中は室内に高濃度のオゾンが充満しているため、目や喉に刺激を受けることがあります。しかし、オゾンには強烈な臭いがあるため、入室時にオゾンの存在に気が付きますので、直ぐに退室すれば何の影響もありません。

シンナー、トルエンのような、化学的に合成され結合の安定した物質に対しては、オゾンによる分解作用が働きにくいため、脱臭効果は期待できません。

カテゴリー: 1.オゾンとは
ページの先頭へ