ウイルス・菌から
食品や社員を守りたい
食品加工の方へ

  

オゾンなら食品にも安全!
味や風味はもちろん、安全性にもこだわりたい
食品加工におすすめ

目に見えないけど
本当に除菌効果があるの?
浮遊ウイルス99.99%除去
優れた除菌・脱臭機能
オゾンは人や食品にも
安全なの?
最適なオゾン濃度を保つ
高い安全性
購入後の手入れの手間は?
運用コストは?
長寿命・部品交換なし
らくらくメンテナンス

オーニットのオゾン発生機なら
安全かつ効果的に除菌・脱臭ができます。

オゾンでウイルス・菌対策をするならココ!「剛腕」「エアエッセンス」「オゾン水」は優れた除菌・脱臭機能。高い安全性。除菌で鮮度維持もできます。創業30年250万台の販売実績をもつ「オゾン除菌脱臭機専門のメーカー」が独自の特許技術・国内工場で生産したオゾン製品をお届けいたします。

オゾンを導入!ビフォーアフター!

オゾンが鮮度を長持ちさせ、
納品後の商品への不安は払拭。
社員の健康も守れて
大変満足しています。

株式会社 一冨士本店
代表取締役 工藤 政宣 様

株式会社一冨士本店様

岡山で食肉加工・卸業を広く展開されている一冨士本店様。仕入れた枝肉を約10日間熟成させた、旨みのしっかり感じられるお肉は、多くの好評を得ていらっしゃいます。とりわけ細心の衛生管理を必要とされる食肉加工業として、どのような衛生環境づくりをされているのか、インタビューさせていただきました。

Q1.以前に行われていた衛生管理方法と、変えようと思われた理由を教えていただけますか。

手間と時間のかかる次亜塩素酸水を洗浄に使用

食肉の衛生管理で大事なのは殺菌力、瞬発性、そして残留性がないことです。以前は次亜塩素酸水を自社で製成して、入荷した枝肉の洗浄と殺菌に使っていました。ただこれは必要な量を作って貯めるのに時間がかかること、さらに夏場などは貯める間に製成水が温もってしまい、生肉の洗浄としてはデメリットの方が大きくなってしまうというのが大きな問題点でした。それで強い除菌力があり、残留性もなく大量に使いやすいということでオーニットのオゾン水を導入したのです。

詳しく読む
食肉の衛生管理で大事なのは殺菌力、瞬発性、そして残留性がないことです。以前は次亜塩素酸水を自社で製成して、入荷した枝肉の洗浄と殺菌に使っていました。ただこれは必要な量を作って貯めるのに時間がかかること、さらに夏場などは貯める間に製成水が温もってしまい、生肉の洗浄としてはデメリットの方が大きくなってしまうというのが大きな問題点でした。それで強い除菌力があり、残留性もなく大量に使いやすいということでオーニットのオゾン水を導入したのです。

Q2.その後、オゾン発生機も導入を検討された理由を教えていただけますか。

人体に害のない方法で活用できるとわかり導入を検討

人の出入りする加工場や保管庫をもっと衛生的に保つため、さらに空間の除菌ができたらいいとは思っていたのですが、オゾンは人体に有害で、人の居る空間で24時間作動させることはできないと思っていました。それが時間を切り替えて濃度を変えて活用する方法もあるということで、夜間に集中して殺菌できるというのが特にいいなと思いまして。オゾンならオーニットだと声をかけさせてもらい、デモ機を利用してみることにしたのです。

詳しく読む
人の出入りする加工場や保管庫をもっと衛生的に保つため、さらに空間の除菌ができたらいいとは思っていたのですが、オゾンは人体に有害で、人の居る空間で24時間作動させることはできないと思っていました。それが時間を切り替えて濃度を変えて活用する方法もあるということで、夜間に集中して殺菌できるというのが特にいいなと思いまして。オゾンならオーニットだと声をかけさせてもらい、デモ機を利用してみることにしたのです。

Q3.食肉保管庫にも空間の除菌を追加されようと思われた理由を教えていただけますか。

熟成中に付着・繁殖しやすい菌を徹底的に抑制したかった

当社では「吊り枯らし」といって、屠殺場から入荷した枝肉を10日間ほど保管庫内で熟成させています。そうすることで死後硬直が解けて、アミノ酸の分解が進み、美味しくなるのですが、その反面で菌が増殖しやすくなるというリスクがあります。そのため保管庫内と加工場では菌の抑制をさらに行うことができる空間除菌をしたいと思い、オーニットのオゾン発生機製品デモを利用したのです。

詳しく読む
当社では「吊り枯らし」といって、屠殺場から入荷した枝肉を10日間ほど保管庫内で熟成させています。そうすることで死後硬直が解けて、アミノ酸の分解が進み、美味しくなるのですが、その反面で菌が増殖しやすくなるというリスクがあります。そのため保管庫内と加工場では菌の抑制をさらに行うことができる空間除菌をしたいと思い、オーニットのオゾン発生機製品デモを利用したのです。

Q4.デモ機の使用を経て、導入を決められた理由を教えていただけますか。

熟成中にも菌の繁殖を強力に抑制

デモ機は2週間使用しました。保管庫内では脚を上に、首の方を下にして吊るしているために、床に近い首側に雑菌が付着しやすいものです。真空パックにした際、雑菌がある箇所にはピンホール(気泡)が生じるので分かるのですが、デモ機を使用した後は明らかにそのピンホールがぐっと少なくなっていました。人のいない夜間に強力に殺菌してくれるという点も気に入って、すぐに導入を決めました。

詳しく読む
デモ機は2週間使用しました。保管庫内では脚を上に、首の方を下にして吊るしているために、床に近い首側に雑菌が付着しやすいものです。真空パックにした際、雑菌がある箇所にはピンホール(気泡)が生じるので分かるのですが、デモ機を使用した後は明らかにそのピンホールがぐっと少なくなっていました。人のいない夜間に強力に殺菌してくれるという点も気に入って、すぐに導入を決めました。

Q5.現在、オゾンの他に行われている衛生対策がありましたら教えてください。

基本的には手間のかからないオゾンで

オゾン水は枝肉の洗浄の他に、終業時の清掃などにも活用しています。その他には一部で次亜塩素酸も平行して使用していますが、食肉保管庫と加工場全体の衛生管理は基本的には全てオゾンで行っています。残留性もなく、手間もかからなくなったので、作業も楽になりました。

詳しく読む
オゾン水は枝肉の洗浄の他に、終業時の清掃などにも活用しています。その他には一部で次亜塩素酸も平行して使用していますが、食肉保管庫と加工場全体の衛生管理は基本的には全てオゾンで行っています。残留性もなく、手間もかからなくなったので、作業も楽になりました。

Q6.導入されて良かったと思われる点はどのようなことでしょうか。

美味しさが長持ちすると好評です

なんと言っても雑菌を限りなく少なくできることで、鮮度が他社製品よりも長持ちすることですね。前述のピンホールができてしまうと、日にちが経つとそこが膨らんで、最終的に値引き販売ということになってしまいます。そうしたロスが少ない上に美味しいということで、バイヤーさんたちからも非常に好評をいただいています。

詳しく読む
なんと言っても雑菌を限りなく少なくできることで、鮮度が他社製品よりも長持ちすることですね。前述のピンホールができてしまうと、日にちが経つとそこが膨らんで、最終的に値引き販売ということになってしまいます。そうしたロスが少ない上に美味しいということで、バイヤーさんたちからも非常に好評をいただいています。

オゾン導入を検討されている方へ

オーニットは同じ岡山の企業で、オゾンは劇薬でもなく環境にも良いなどの点も、すぐに導入した決め手になりました。先程もお話ししたように、導入後は鮮度が長持ちするようになり、納品後の商品に対しての不安がなくなったことが一番メリットとして大きいと感じています。社員の健康も守れるということで大変満足して使用していますので、心からお勧めしたいところですが、同業者には導入して欲しくないというのが本音です(笑)。

導入製品

エアエッセンス

剛腕1000TR2

だから、食品加工におすすめなんです

常に空間全体を安全に除菌できる

除菌・脱臭を同時に行える

空間の隅々まで行き渡るオゾンで、ウィルスや菌を除去するだけでなく、脱臭も同時に行えます。

塩素などの残留物質がなく安全

食卓や調理器具など、清拭での除菌で懸念される塩素などの残留物質の心配がありません。

豊富なエビデンス

大腸菌や黄色ブドウ球菌など、有害菌での実証実験を重ねており豊富なエビデンスを明示しています。

酸化反応後は酸素になるので無害

人体に影響のない低濃度で放出され、分解後は酸素になるので、人体への影響の心配がありません。

スタッフさんの作業の手間を短縮

スイッチ一つで空間全体に行き渡る

毎日の運転はスイッチひとつ、またはタイマーの簡単操作でどこでも運用できます。

原料は空気、資材コストは一切なし

気を原料にオゾンを生成するので、コスト不要、補充や原料切れの心配がありません。

運用や設置もカンタン

設置からメンテナンスまでラクラク

常時設置タイプの「エアフィーノ」の設置工事は約30分で完了。メンテナンスも月一回5分清掃の簡単ケアです。

 

24時間ほったらかしでOK

面倒な準備や後片付けの必要がなく、24時間ほったらかしで放置できます。

まずは、お気軽に
ご相談・お問い合わせください

お客様の環境や使い方に合わせた最適な製品をご提案いたします。デモ機の貸出についてもお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-17-0210
平日9:00~17:00

メールでのお問い合わせ