よくある質問

タグ【剛腕】

剛腕は対象となる部屋を無人にして、短時間で脱臭、除菌をします。一方、エアフィーノは人に影響を与えない低濃度(0.03ppm程度)のオゾンを常時発生させて使用します。

短時間で高いを効果が得られるのは剛腕ですが、常に人が居る空間を常時ニオイの少ない状態に保ちたい場合はエアフィーノが適しています。

エアフィーノや爽やかイオンプラスのように常時オゾンを発生させる使用方法の場合、脱臭効果は持続します。一方、剛腕シリーズのように、短時間で脱臭する使い方の場合、一度脱臭しても新しいニオイが発生すると脱臭効果は持続しませんので、定期的に剛腕シリーズでの脱臭を行ってください。

剛腕アシストはオゾン脱臭器のご使用前に散布することで、オゾンの脱臭効果を飛躍的に高める
アシスト剤(補助剤)です。

オゾン脱臭後、窓を開けたり、部屋の換気扇を運転させれば5分程度で室内のオゾン濃度は下がります。この時、換気のためにごく短時間室内に入っても人体に影響はありませんが、できるだけオゾン濃度が高い間の入室は避け、オゾン脱臭機に搭載されているオゾン回収機能を使ってオゾン濃度を下げてから入室するようにしてください。

カテゴリー: 2.剛腕シリーズ

オゾンはニオイの元を分子レベルで分解します。タバコ、食べ物、体臭、香水などホテル客室で発生するニオイに対してはほぼ全般に脱臭効果があります。部屋の広さにも依りますが、10分から20分程度オゾンを発生させればよく短時間で作業できます。

カテゴリー: 2.剛腕シリーズ

剛腕を使用することで脱臭が可能です。但し、シートの奥深くまでニオイが染み付いている場合、オゾンはシートの内部までは浸透しないため、染み付いたニオイが強い場合、間隔を空けて何度かオゾン脱臭をしないと取れない場合があります。

剛腕の場合、脱臭ならば10~30分、除菌ならば4時間程度で効果があります。

カテゴリー: 2.剛腕シリーズ

剛腕での脱臭中は室内に高濃度のオゾンが充満しているため、目や喉に刺激を受けることがあります。しかし、オゾンには強烈な臭いがあるため、入室時にオゾンの存在に気が付きますので、直ぐに退室すれば何の影響もありません。

ページの先頭へ