よくある質問(テスト)

カテゴリ 開発、生産体制について

【No.67】浮遊ウィルス試験は何のウィルスですか?

日本電機工業会の試験基準に基づき、大腸菌ファージ(インフルエンザウィルスの代替ウィルス)を使用しています。

本来、対象とする病原ウィルスでの試験はリスクが高いため、代替ウィルスとして大腸菌ファージ(人に感染するリスクの少ないウィルス)を使用する事でインフルエンザウィルスの代替試験として公的に定められています。

※ファージとは、細菌感染するウィルスの総称

※大腸菌ファージ→大腸菌に感染するウィルス(人へ感染するリスクが少ない)

【No.33】中国の子会社は工場ですか?

中国の子会社は販売会社で、オーニット製品を日本から輸入し、中国国内に販売をしています。

弊社の製品は全て国内生産されたMede in Japan品です。

【No.32】岡山の会社なのになぜ佐賀大学と共同研究をしているのですか?

弊社が佐賀大学と共同研究を始めたのは2006年頃ですが、佐賀大学の電気電子工学科に、日本オゾン協会副会長(当時)で、放電やオゾン発生原理についてトップレベルの研究をされている山部長兵衛教授(現在は名誉教授)がおられました。その先生を頼って研究を始めたのがきっかけです。また、山部名誉教授は毎月弊社の技術会議に出て、研究開発についてアドバイスをもらっています。

【No.15】産官学共同研究とは?

オーニットの場合、公的機関として岡山県工業技術センター、学校として佐賀大学などの先生からアドバイスを頂いたり、研究室の設備を借りたりしながらオゾンの機器開発や利用技術の研究をしています。

カテゴリーで探す

タグで探す

まずは、お気軽に
ご相談・お問い合わせください

お客様の環境や使い方に合わせた最適な製品をご提案いたします。デモ機の貸出についてもお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-17-0210
平日9:00~17:00

よくあるご質問はこちら >

メールでのお問い合わせ

見積依頼、補助金情報、無料トライアル、製品へのご質問やご相談等