よくある質問(テスト)

カテゴリ その他の質問

【No.97】臭いをセンサーで感知するという機能はないのか?

臭いセンサー搭載の商品は標準ラインナップにはございません。

【No.94】次亜塩素酸を見かけるケースは多いが、オゾンにすることでメリットがあるのか?

次亜塩素酸ソーダは、従来より食品業界をはじめ多くの業界で一般的に使用されている薬剤のため身近に感じられると思います。家庭などのハイターもその一つです。次亜も、オゾンも一長一短はありますが、オゾンの特徴は次亜と違い残留しないのが大きなメリットとなります。また、一般空気を原料に生成できるため、装置があればどこでも容易に使用できる点もオゾンのメリットです。効果に関しては、どちらも濃度によりますので使用用途によりどちらを選択かを検討してはいかがでしょうか?

【No.91】次亜塩素酸で清拭した後にオゾン機器を使用してもいいのでしょうか。

問題ありません。感染対策は、どの方法にするかではなくどの方法を組み合わせるかがポイントとなります。清拭できる箇所に関しては、効果のある濃度の薬剤により清拭し、それ以外の全体のカバーとしてオゾンによるガス消毒を組み合わせればより効果的になります。

【No.83】オゾン発生機を屋外で使用する場合は、どのくらい効果がありますか?

屋外だと空気が拡散するので、効果的にはご利用頂けません。

【No.72】体臭(加齢臭)、汗臭もオゾンで脱臭できますか?

脱臭出来ます。

【No.71】臭い戻りはしないのでしょうか?

臭いがしみ込んでいる場合、作業後また出てきますので作業を数回繰り返してください。

【No.68】オゾン発生機を自宅で使用したい。家庭用のオゾン発生機はないのか?

家庭向けはグルーブ会社のオーシーアールより販売しておりますので、こちらをご参照ください。

https://ocr-ozone.jp/

【No.67】浮遊ウィルス試験は何のウィルスですか?

日本電機工業会の試験基準に基づき、大腸菌ファージ(インフルエンザウィルスの代替ウィルス)を使用しています。

本来、対象とする病原ウィルスでの試験はリスクが高いため、代替ウィルスとして大腸菌ファージ(人に感染するリスクの少ないウィルス)を使用する事でインフルエンザウィルスの代替試験として公的に定められています。

※ファージとは、細菌感染するウィルスの総称

※大腸菌ファージ→大腸菌に感染するウィルス(人へ感染するリスクが少ない)

【No.58】オゾンに耐性のある材料は何ですか?

アルミやステンレス(特にSUS304、SUS316)は一般的にオゾン耐性があります。

ゴム製品では、フッ素(FPM)は高濃度のオゾンにも耐性があり、アクリル(ACM、ANM)、エチレンプロピレン(EPD、EPDM)、ブチル(HR)もある程度オゾン耐性があります。

【No.37】どうやって「ほこ×たて」に出演したのですか?

「脱臭機VSニオイ」という企画向けに、優れた脱臭機を番組側が調べた上で、弊社に出演依頼がありました。

お金を払って宣伝として出演したのではありません。

【No.27】家庭用商品のメンテナンスはどうやってすればよいのでしょうか?

Youtubeでメンテナンス動画を紹介していますのでご覧ください。

○ピコレッツ:https://youtu.be/fMDx3WtsvRQ

○快適マイエアー:https://youtu.be/Ok0KPQKnb8A

○快適マイカー:https://youtu.be/T0Bh6xHutsY

 

【No.26】取扱説明書のダウンロードはできますか?

以下よりダウンロード可能です。

○生産中の製品:https://www.ohnit.co.jp/support/index/

○生産終了製品:https://www.ohnit.co.jp/discon/

カテゴリーで探す

タグで探す

まずは、お気軽に
ご相談・お問い合わせください

お客様の環境や使い方に合わせた最適な製品をご提案いたします。デモ機の貸出についてもお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-17-0210
平日9:00~17:00

よくあるご質問はこちら >

メールでのお問い合わせ

見積依頼、補助金情報、無料トライアル、製品へのご質問やご相談等