オゾンとは

オゾンの機能と効果

オゾンとは

オゾン(O3)という言葉を聞いたことはありますか?例えば、有害な紫外線から生物を守る「オゾン層」なら、ご存知の方も多いでしょう。
オゾンは大気中に自然に存在し、大気を自浄する働き(消臭・除菌)をしています。日差しの強い海岸などでは0.03〜0.06ppm、森林では0.05〜0.08ppmの濃度が観測されています。オゾンは基本的に目で確認できませんが、臭いとして確認することができます。森林などの爽やかな空気には、オゾンが含まれているのです。

オゾンは残留毒性がありません。

オゾンは酸素(O2)と酸素原子(O)によって構成されています。
オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっており、反応後は残留物を出さない、きわめて安全な物質です。

オゾン除菌・消臭の秘密

オゾンの強い酸化力は、除菌や消臭において、その威力を発揮します。細菌や悪臭物質の成分の多くは、酸素原子と非常に反応が速いので、オゾンによる除菌・消臭はとても効果的なのです。
芳香剤のように、悪臭を一時的に閉じ込めるのではなく、悪臭分子を酸化分解するので、臭いが戻ることはありません。もちろん、二次公害に繋がる有害な物質を出す心配も一切ありません。オゾンは、強力な除菌・消臭力を持ちながら、環境に限りなく優しい物質といえるでしょう。

今、時代がオゾンを求めています。

オゾンは現在、さまざまな業種・分野で注目を浴びています。ヨーロッパでは古くから、さまざまな分野でオゾンが利用されており、日本でも近年になって、医療・介護・酪農・食品など、あらゆる業種で活躍の場を広げています。
オーニットでは、古くからオゾンに着目。岡山県の産・官・学の協力体制のもと、オゾン発生装置「低温プラズマ発生体」を開発(特許取得済み)。その技術力、開発力でお客様の幅広いニーズやご要望にお応えしております。
ページの先頭へ