【No.108】火災現場後の脱臭で剛腕ツインを使用すると、2時間位は連続運転できていたが、その後、赤色異常ランプが点灯し運転できない。使用用途や使用場所を変えて試すと、異常は立たず正常運転が可能。 火災現場での事例などはありますか?%E3%80%90NO-108%E3%80%91%E7%81%AB%E7%81%BD%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E5%BE%8C%E3%81%AE%E8%84%B1%E8%87%AD%E3%81%A7%E5%89%9B%E8%85%95%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B

火災現場後の湿温環境などにより、剛腕ツインの内部で結露が発生付着していたと考えられます。用途や場所を変えることにより、その結露が取れて正常運転可能になったと推察されます。 火災現場での導入事例は少ないが、遺品整理やビル清掃の事例が近いです。火災現場後の脱臭の場合、剛腕を繰り返し運転し、それでも臭いが残る(取れない)時は発生源を除去しないと難しいです。

まずは、お気軽に
ご相談・お問い合わせください

お客様の環境や使い方に合わせた最適な製品をご提案いたします。デモ機の貸出についてもお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-17-0210
平日9:00~17:00

よくあるご質問はこちら >

メールでのお問い合わせ

見積依頼、補助金情報、無料トライアル、製品へのご質問やご相談等